読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good News For People Who Love Bad News

LIVEの感想とか読んだ本のアウトプット場所 評価基準(★5 一生残しておく、★4 おすすめできる、★3 面白い点はある、★2 印象に残らない、★1 オススメできない)

フジロック2015雑感(三日目)

最終日はTxarngoから始まる。
オレンジ廃止の影響で民族系のバンドをホワイト朝一で観れるのは悪くない。
配ったCDをゲットできたのでご機嫌。

気温が上がる前だったから踊れたが、その後は日向には居ることができない状態だった。

Jim O'RourkeとGaman GilbertoとBLOODEST SAXOPHONE feat. JEWEL BROWNはヘブンの端の日陰で休みながら耳に入れる程度。

予定していたTodd Rundgrenは頑張って陽の下へ出たが、の最中に曇り始めてたすかった。
そして開催されたのは御年67歳の御大自らコーチするエアロビ教室。
バンド編成で観たかったが、流石のアレンジ力で楽しさは抜群である。
苗場の爆笑王の称号は僅か2日でDave GrohlからTodd Rundgrenへ移譲された。

その後はグリーンに戻りJohnny Marr。
割とSmithの曲やったので良し。
見た目も演奏も衰えは感じなかった。

こういう機会でもなければ観ないであろう椎名林檎はよく出来たステージングであった。
衣装や立ち振舞など独自の世界観があり、バックの演奏力も高かった。
初期の曲もあったので、とりあえず椎名林檎を観たという記憶が刻まれた。

Ryan Adamsが凄い良かったのだが、トイレとRIDE優先で少ししか聴けなかったのが残念である。
しかし、優先したRIDEはこの日のベスト。
コーチェラの中継ではイマイチだったが、フジでは音量ばっちし。
最後の2分ほどのノイズ嵐はシューゲイザーの醍醐味だ。

RIDEの余韻に浸っていたら、Of Monsters and Menが混み過ぎで入れなくなっていた。
これも非常に良かったと後から聞いたので残念である。

トリはNoelにした。
以前観たが新作の出来とMarrが出てこないかと思って。
結局は出てこなかったが、それでも曲の質は良い。
しかしOasisの曲が盛り上がりすぎてなんだかなーと思った。


総括
・邦楽多すぎ、前に出たの多すぎなど期待値が低かったがやっぱり楽しかった。
・低予算で去年よりも人が来たみたいだから来年の20周年は期待している。
・過去にキャンセルした奴らで20周年をやったら面白いのでは? MorrisseyQueens of the Stone AgeKanye West 意外にバランスいい組み合わせだぞ。
・予想外にRIDEが良かったので日程の都合がつけば11月の単独に行こうと思う。