読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good News For People Who Love Bad News

LIVEの感想とか読んだ本のアウトプット場所 評価基準(★5 一生残しておく、★4 おすすめできる、★3 面白い点はある、★2 印象に残らない、★1 オススメできない)

J・A・シーザー「大鳥の来る日 THE END OF THE WORLD」

 

J・A・シーザーコンサート 大鳥の来る日~THE END OF THE WORLD~

J・A・シーザーコンサート 大鳥の来る日~THE END OF THE WORLD~

 

 2014年発売。

2013年に豊島公会堂で行われたLIVEの音源。

 

私も観に行ったのだが、会場ではだいぶピーキーだった前半の音響がしっかり編集されて聴きやすくなっている。

 

半分程はJ・A・シーザーがメインでボーカルを取る曲である。

残っている本人の音源が30年以上前のものなので、声は老いたがよく出ている。

そして、土着性の呪詛を含んだような声質は変わっていない。

 

その他は、劇団員20人程の合唱による「少女革命ウテナ」関連曲。

子供数人による「田園に死す」のOP。

ゲストの蘭妖子ボーカル曲。

小演劇を入れつつ演った曲。

そして、出演者総出で演った「大鳥の来る日」で幕を閉じる。

 

J・A・シーザーの最大の魅力はやはり歌詞であろう。

リズムよく意味の繋がらない単語を繋げ、全体的なイメージで世界観を作り上げるスタイルは寺山修司そのものである。

 

シーザーが曲の終わりに手書きの歌詞を配っていて、「煙草極楽浄土」の歌詞を手に入れたことが最大の思い出。

 

2015年5月13日

リクエストを頂いたので、「煙草極楽浄土」の歌詞の写真を追加

f:id:Chorno1986:20150513173010j:plain

f:id:Chorno1986:20150513173006j:plain