読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good News For People Who Love Bad News

LIVEの感想とか読んだ本のアウトプット場所 評価基準(★5 一生残しておく、★4 おすすめできる、★3 面白い点はある、★2 印象に残らない、★1 オススメできない)

フジロック2016雑感(二日目)

LIVE 音楽

7/23

11:30~12:20 Upendra and friends plus Mr. Sunil and Sabin  @ Avalon

朝早くから会場入りしてAvalonのハンモックでウトウトしていると、笛の音が聞こえてくる。
二日目のトップはネパール音楽から始まる。
笛や馬頭琴のような民族楽器をふんだんに使った、ヒマラヤ山脈のように雄大かつ穏やかな民族音楽である。
惜しむべきはメインのメロディがキーボードだったこと。

12:30~13:10 TOM ODELL @ Green

フジでシンガーソングライター系はほとんど聞くことはない。
この時もTHE ALBUM LEAFがRedでやるからそのつなぎのつもりだった。
これが思った以上に素晴らしかった。
ピアノに座っているからしっとりした曲中心だと思ったら、曲の途中からボルテージを上げてくる。
というか、歌の上手さと相まってその上げ方が非常に効果的だった。
曲調も様々でポップなものからグランジ的なアレンジのものまで多彩で飽きがこない。
最後まで聞きたかったけど後ろ髪を引かれながらRedへ向かう。

13:20~14:10 THE ALBUM LEAF @ Red

4人編成なのだが、電子機材の力を借りて人数以上の音の広がりを魅せてくれた。
ヴァイオリンのおじいちゃんが佇まいも音の入れ方も渋くて好印象。
今回のフジはPOST ROCKが多いが彼らが一番エレクトロニカ寄りの要素を持っているというのが特徴だ。
綺麗なメロディと音の柔らかさからすごく幸せな気持ちになれた50分だった。

この後に、MAN WITH A MISSIONを横目に在日ファンクを2曲だけ観てきた。


15:30~16:30 TRAVIS @ Green

前回は2014年のフジで観ている。
今回はフジの20週年とTRAVISの結成20週年、そしてこの日はFran Healyの誕生日ということもあり、会場には幸せ空間が広がっていた。
バンド側も本当に楽しそうに演奏していたので、過去2回よりも良かった。
TRAVISBelle & Sebastianのライブはいつ観ても本当に幸せになれる。


17:20~18:20 WILCO @ Green

CDで聞いてイマイチピンと来ていないWilcoだが、ライブの評判が非常にいいので一度観てみることにした。
これが大正解、派手ではないけどかっこ良くロックしているバンドだ。
FacesやThe Waterboys以来久しぶりにこの手のでゾクッときた。



この後30分待ちのトイレの間にクロマニヨンズを聞きつつ、絶望的に混んでいる様子を見に行ったら中から数人セキュリティに運び出されるレベルの混雑。
横からマーシーヒロトをちら見して良しとする。


19:30~19:55 BECK @ Green

ライブはいまいちという噂を聞いており、そこまでファンでもないが初めてなのでとりあえず観た。
そしたら黒い革ジャンをスタイリッシュに着こなした粋な姿で登場。
3曲目にいきなりLoserをぶっこんでくる攻めの姿勢。
ブルース的な渋さやハードロック的な重さもある曲もあるのだが、全てがBeckの肩の力の抜けた声でポップにまとまり聴きやすい。
David BowieやPrinceのカヴァーもアンコールで演ったらしいのだが、泣く泣く移動。
これは最後まで観たかった。


20:10~21:10 TORTOISE @ White

今年はPOST ROCK祭りなのでこっちを選ばざるを得なかった。
2台のドラムを囲うようにセットされた楽器群から、メンバーが入れ替わり立ち替わりで音を重ねていく。
重い音ではなくプログレエレクトロニカの要素をもたせたミニマリズムに大量の遊び心、大人たちの楽しい遊びの音である。
ポストロックいったら轟音や繊細な音を思い浮かべるだろうが、先駆者たちはまだ別の道を進んでいた。
しかし、これは紛れも無くポストロックとしか形容できない音であった。




22:10~23:30 SQUAREPUSHER @ White

音によるレイプ、音圧がすごかった。
かっこ良すぎるのだが、キメの連続過ぎて胃もたれがしてくるレベル。
この時間だから1時間以上はかなりきつかった。
曲の合間がぶつ切りなのもいまいち。
ただし、脳みそには深々と刻まれた。




この日も雨はふらずほとんど曇天で涼しかった。
朝は隣の一人用テントにいた青年がPOST ROCK好きだったので話が弾む。
最大キャパの4万に入っていたようだが、メインどころを外してたためかそこまでの混雑には遭遇しなかった。
トイレの30分待は除く。
この日は観ようと思っていたものが計画通りに観れて、後悔も少なかった。
BECKの評判がすこぶる良かったけど、TORTOISEも最高だったのでしょうがない。