読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Good News For People Who Love Bad News

LIVEの感想とか読んだ本のアウトプット場所 評価基準(★5 一生残しておく、★4 おすすめできる、★3 面白い点はある、★2 印象に残らない、★1 オススメできない)

蜈蚣Melibe「この世界には有機人形がいる」

 

この世界には有機人形がいる

この世界には有機人形がいる

 

 2014年発売。

 

鬼才蜈蚣Melibeのライフワーク、バージェスの乙女たちシリーズに連なる新作。

実に15年ぶりである。

 

人間を遺伝子改良して作られた有機人形による淫靡で性的な物語。

身体改変マゾヒズムユートピアディストピア)ものとしては家畜人ヤプーを思い浮かべるが、発想の突飛姓と性的な要素が強い。

昔は漫画界の極北、COMICフラミンゴで連載され、3巻目はAmazon電子書籍化する際に内部規定に引っかかる程の過激ぶりである。

それが、成年コミック扱いではなく一般扱いになったのだから驚きだ。

 

氏賀Y太の新作が出たこともあり、最近はグロ関係の規制がやや緩くなったのだろうか。

エロ関係の修正はコアマガジンの件があってから強いままだが。

 

さて、「この世界には有機人形がいる」が含まれるバージェスの乙女たちシリーズとの出会いだが、二階堂奥歯の日記「八本脚の蝶」で盲目的に数度に渡って紹介されていたからだ。

二階堂奥歯国書刊行会の編集者であり、20代なかばで自殺した。

今もWeb上に残る彼女の日記は以下。

二階堂奥歯 八本脚の蝶

 

正直人にすすめられる作品では無いが、マゾヒズム作品の極北として脳髄へ痛烈に響いてくる。